• ホーム
  • 中古ドメインの価格はいくら?何でこんなに値段が違う?

中古ドメインの価格はいくら?何でこんなに値段が違う?

中古ドメインを取得して運用しようという人の場合、先に中古ドメイン販売一覧を見たという人もいるでしょう。
新規ドメインは数百円から数千円程度でも取得できることが多いのに対して、中古ドメインの価格は数千円から数十万円と、かなり値段に開きがあります。
この理由はどうしてなのでしょうか。
また、利用目的などからしてもどのように活用すればいいのでしょうか。

理由の最も大きいところは、これまでのそのドメインがどのように取得されどのように利用されてきたか、ということがあります。
先ほどの文章でも説明したように、中古ドメインにはドメインエイジがあり、前の所有者のSEO施策次第では被リンク数や被リンクの価値が出てきて、価値に差が出てきています。
この価値の差がそのまま価格の差になっており、なおかつ価格が大きく左右されることも少なくありません。
実際、ドメイン価値のある被リンクやドメインエイジの長いドメインは高額で販売されている傾向があります。

このため、基本的にドメインの価値は様々です。
とはいえ、基本的に高額なドメインを適当なサイトのために使うともったいないものですし、あまり質が良くないドメインにSEO施策を施すのは効率が悪くなるでしょう。
ここではいくつかの考え方を紹介しましょう。

SEO施策上、アフィリエイトサイトにはメインサイトとサテライトサイトというのがあります。
メインサイトとはその通りSEOで上位に行きたいサイトのことで、被リンク数を増やしたりコンテンツを増やすことに力を入れるようなサイトです。
一方、サテライトサイトとは被リンク数を増やすためのサイトで、ある程度のコンテンツとある程度のサイトボリュームはあるものの、リンクを張ることを基本としているサイトです。

アフィリエイトサイトの場合、このメインサイトには相場の高い中古ドメインを使うと、SEO対策で即効性が出るとされています。
一方サテライトサイトにはそこそこの価値のドメインで十分で、SEO対策などの即効性を考える必要はありません。
相場もそこまで高額ではないドメインでよい、という物があります。

このため、利用目的によってドメインの価格を変えるというのが基本的な戦略でしょう。
メインサイトには価格の高いドメイン、サテライトサイトには価値がそこそこのドメインを適用させると、比較的効率よくリンクも集まり、SEO施策や検索サイトの順位も上がるとされています。

人気記事一覧
サイト内検索