• ホーム
  • 中古ドメインと新規ドメインの違いは何?

中古ドメインと新規ドメインの違いは何?

インターネット

ここまでは中古ドメインについて説明してきました。
実はドメインは中古ドメインだけではなく、新規ドメインというのもあります。
この新規ドメインというのはどういうもので、この二つの違いはいったい何でしょうか。

まず、新規ドメインとはこれから取得する新しい文字列のドメインのことです。
既に存在する文字列とは違い、新しい文字列で取得するためある程度新しい文字列が多いでしょう。
また幾つかのテキストを組み合わせてドメインを取得することもできます。
どちらにせよ、これから取得する、この世には存在しない新しいドメインだということです。

新規ドメインと中古ドメインの違いやメリット・デメリットはいくつかあります。
希望の文字列が的確に撮れることは、新規ドメインの大きなメリットでしょう。
理想的な文字列のドメインが適切なタイミングで取得できる可能性が大きいのは、やはり新規ドメインの方なのです。

また、古いサイトからのリダイレクト処理などの面倒なこともありません。
中古ドメインは古いサイトのリンクの質などの影響がありますが、そういった事も新規ドメインには存在しないのです。

次に、新しく作ったサイトはドメインの価値が低くてもある程度評価されます。
ですが、運用期間が長ければ長いほど、中古ドメインの方が優秀です。
実は検索サイトはそのドメインがどのくらい運用されているか、ということをチェックしています。
このため、中古の方が運用期間も長くなります。

また、ドメインエイジという考え方もあります。
これはドメインを取得してから何年経っているか、というものです。
ドメインを使用されている期間が長いほどドメインエイジが長く、検索エンジンも良い評価をもたらすとされています。

また、ドメインパワーとはそのドメインの被リンク数やドメインエイジなどで判断します。
価値のあるドメインかどうか、ということを判断する要素です。
基本的にドメインパワーがあるドメインほど、検索サイトに反映される速度であるインデックス速度が速くなり、サイトの集客が効率よく出来るでしょう。
注目度も高くなり、リンクが速くなるので良い点が増えるのです。

取得が高額になり、リダイレクトなどの手間もかかりますが、やはり中古ドメインの方が価値は高いとされてます。
どちらにもメリット・デメリットはありますが、やはりインデックス速度や既存の被リンクの有無などを考えると、中古ドメインの方が良いという意見は少なくありません。

人気記事一覧
サイト内検索