• ホーム
  • 中古ドメインで選びたいリンク元は「政府」と「教育機関」

中古ドメインで選びたいリンク元は「政府」と「教育機関」

パソコンを見ている女性

さて、中古ドメインでぜひ選びたいドメインの特徴はいくつかあります。
実はリンク元の信頼性が高いと、そのまま中古ドメインの価値も高くなるとされているのです。
その中でもおすすめなのが、政府関係機関からのリンクと教育機関からのリンクです。

政府関係とは、その名の通り政府が運営する期間です。
各省庁や各委員会など、国が運営する様々な器官が所有するサイトからリンクがあると、それだけで価値があるとされるのです。
公共機関となる市区町村や都道府県、それぞれの施設のサイトからのリンクも価値があります。
基本的にこのようなところから被リンクがあるドメインはSEO効果も高く、サイト評価も高くなります。

教育機関とは大学や高校、小中高校などの各学校です。
特に各学校の中でも公的な機関として知られるところや、独自ドメインを取得してサイトの運用をしているようなところの場合、被リンクを受けるとそれが価値が高いとされるのです。

このような被リンクは価値が高いとされるのは、そもそもサイト運営者が明確であることがポイントです。
教育機関や公共機関は独自ドメインを取得する際に「属性・地域型ドメイン」という、ちょっと取得が大変で個人ではとても取得できないドメインを利用できます。
このため、信頼性が高く、魅力的なリンク元からリンクを受けているのでリンクの価値が高いとされています。

被リンクを受けている中古ドメインにはいくつかの価値があります。
SEO効果は大きなポイントでしょう。
最初から被リンクがあるので、SEO効果も期待できます。
また、そこからの集客も期待できるかもしれません。

信頼性が高いというのもポイントです。
信頼性が高いサイトからのリンクなので、その被リンクの質もよく、当然サイト評価も高くなります。
サイトの評価が高くなるため、もちろん検索サイト内での順位も高くなるでしょう。
また、独自情報などが掲載されていることも評価の基準となりますが、やはり優良なリンクも重要なものです。

ちなみにこのような優良な被リンクを受けている中古ドメインは、高額で売買されています。
というのも中古ドメインとしては魅力的な要素を兼ね備えているので、SEO効果も高く、高額で売買されているとされています。
ですが、やはり個性的な独自情報や優良なコンテンツもまたSEO対策になるでしょう。
優良なドメインと優良コンテンツがSEOに効果的です。

人気記事一覧
サイト内検索