• ホーム
  • ハズレの中古ドメインの特徴とは

ハズレの中古ドメインの特徴とは

スマホでインタネットを使用する人

さて、中古ドメインのリスクについて説明してきましたが、ここでは具体的なハズレの中古ドメインの特徴を紹介しましょう。
初心者の場合はこのようなドメインは避けて選びましょう。

まず、一つはそれまでのサイトのジャンルが何だったかということです。
具体的にはアダルトコンテンツやアダルトサイトのドメインだったりギャンブルに関するドメインだった場合、評価が下がる場合があります。
実はこのようなサイトは検索サイトのアルゴリズム上で「好ましくないサイト」と判断されています。
このため、いくらリンク数が多くても、サイトのジャンルのせいでペナルティを受けてしまい、SEOに悪い影響を与えることがあります。

次に、スパムリンクを利用した形跡があるドメインです。
被リンク数はとても大事なことで、被リンクを増やすために様々なドメインからのリンクがあるのはよい事です。
ですが、このリンク数を増やそうとしてリンクを売る業者というのが過去に存在しました。
これを検索サイトは「スパムリンク」と判断し、逆に悪い評価を与えるようになったのです。
このため、スパムリンクの形跡があるドメインはそのまま悪質なサイトとして判断されますし、ドメインの価値もドメインパワーも下がります。

文字列は何でもいいという訳ではありません。
最近、ドメインは様々な国の言葉で取得できるようになり、様々な言語のドメインが存在します。
もちろん日本語のドメインというのもあるのです。
ですが、ロシア語や中国語のドメインはあまりよくないとされています。
というのも、日本人の場合は日本語でサイトを作ることが多く、また海外サイトを作るにしても、英語圏の場合は英語のドメインが多いでしょう。

このため、わざわざ中国語やロシア語でのドメインを取得する必然性は薄く、どうして中古ドメインでロシア語や中国語を選ぶのか、というような矛盾が生じます。
もし、あなたが海外に対応するためにロシア語や中国語のサイトを作るのではこの限りではありません。
ですが、それでもドメインを購入するときにはあまり質が良くないドメインが多いのです。
この失敗は注意しておきましょう。

このような点に気を使うと、初心者には少々ドメイン選びを難しく感じるかもしれません。
実際、ドメインの選択に失敗するとペナルティなどの可能性があり、少々ギャンブル性は出てきます。
ですが、ある程度ツールなどを使って事前調査をすればいいので、きちんとした事前調査でトラブルを避けられるでしょう。

人気記事一覧
サイト内検索