サイトのURL

ウェブサイトを作ったり、アフィリエイトサイトを運営するときに重要な事のひとつが、サイトのドメインです。
ドメインとはそのサイトがどこにあるかという個性的な文字列のことです。
また、国やサイトの分野ごとのドメインを含む場合が多く、ネット上に同じものは二つとしてありません。

このため、ドメインは基本的にそのサイトの個性やそのサイトの特徴を表すものでもあります。
検索エンジンからも評価されますし、当然様々な価値を持ちます。

とはいえ、このドメインは最近では有名な単語やよく知られた単語などはすでに取得済みのことが多くなっています。
このため高品質な文字列や需要の高い文字列は取得が大変難しいでしょう。

また、ドメインはSEOに影響を及ぼします。
このため、実は高品質なドメインは高額で売買されることもあるのです。

それでは、幾つかのキーワードをお教えしましょう。
これらのキーワードを知っておくと、中古ドメインの内容や価値がよく分かります。

オールドドメインとは、過去に誰かが取得したドメインです。
基本的に中古ドメインとも言われており、また独自ドメインであることが基本となります。
過去に誰かが何らかの利用目的を持って取得し、それを手放したということです。
このオールドドメインは新規のドメインとは違うため、必要な文字列がない場合もあるでしょう。
また、過去のサイトからリダイレクトをするなどの対策が必要になるでしょう。

ドメインパワーとは、それぞれのドメインにはどのくらいWeb上で力があるか、拡散性や注目度が高いか、というようなことになります。
ドメインパワーが高いドメインは検索エンジン上でも高く評価されるため、SEO効果も高くなります。
特に何らかの対策を行わなくても集客ができるため、簡単にサイトを軌道に乗せられるというメリットがあります。

SEO対策とは、検索エンジン上でいかに上位に表示されるかという対策です。
もちろんドメインを中古ドメインにすることも当てはまりますね。
また、独自ドメインを取得して運用することなども大事です。

もしこれから中古ドメインを取得して利用する場合、少々専門的な調査や作業が必要になります。
リダイレクトを行ったり、SEO施策を行ったり、ドメインパワーの確認などオールドドメインの取得には手間がかかります。
それでも、利用目的がSEO対策であればメリットが大きいものです。
中古ドメインはいろいろな選び方やポイントがあるので、もう少し詳しく見ていきましょう。